ハイドロキノンの危険性について

お肌のシミなどに非常に効果のあるハイドロキノン。通称お肌の漂白剤なんて呼ばれたりもするこちらの成分ですが、巷の噂によると何だか色々と悪い噂も聞こえてきます。はたしてそれは本当なのでしょうか?

ハイドロキノンの発がん性について

美白と言えばハイドロキノンというぐらいメジャーな存在になりましたから、シミなどの対策に幾つか化粧品や医薬品などを利用している人も多いのではないでしょうか。市販されているものだと、濃度も低めの2~4%ぐらいのものが主流になっています。

そんなハイドロキノンですが、発がん性があるかもしれないということで使おうかどうか迷っている人も少なくありません。以前は美容クリニックなどで処方してもらっていたものなのですから、その分肌に何らかの影響を与える要素は確かにあります。国際がん研究機関からはヒトに対する発がん性はないとされているのですが、それでもラットを使った動物実験では確かに腫瘍による腫れが起こったり、甲状腺がんなどが起こる確率が高まっているとされています。

ヨーロッパの多くの国ではハイドロキノンは使わないというぐらいなのですが、日本人とヨーロッパの人では元々のメラニンの生成量などが違います。一概には言えませんが、白色人種であるヨーロッパの人の方がメラニンの生成量が少ないのであれば、使用後に紫外線による皮膚への影響でがんが起こりやすくなるだろうと考えても差し支えありません。

様々なハイドロキノン商品がありますので、使用を迷っているのであればまずは1%などの低い濃度のものから始めてみるのもいいでしょう。きちんとシミ対策やケアをしていきたいけれども、もっと安心して利用したい場合にはクリニックに行って診てもらってから処方してもらう方が安心感は違ってきます。ハイドロキノンの効果を発揮するには、正しい使い方を理解した上で適量を使っていく事が大切です。分からない事があるなら購入前にお店の人や病院に相談をしましょう。