お肌のシミなどに非常に効果のあるハイドロキノン。通称お肌の漂白剤なんて呼ばれたりもするこちらの成分ですが、巷の噂によると何だか色々と悪い噂も聞こえてきます。はたしてそれは本当なのでしょうか?

ハイドロキノンは自然治癒での治療が期待できる

ハイドロキノンは天然成分で、美白成分として知られています。ハイドロキノンにはシミの原因であるメラニンを生成する酵素の働きを阻害する作用と、メラニン色素を生成するメラノサイトに働きかけ、減少させる効果が期待できます。シミの予防だけではなく、できたシミにも効果が期待できるところが特徴的です。
ハイドロキノンの効果が期待できるシミは、炎症後色素沈着、肝斑、そばかす、老人性色素班などです。ハイドロキノンは、皮膚の表面にできたものに効果がありますが、肌の奥の真皮まで達している色素沈着には効果は期待できません。
シミの治療は、皮膚科などの医療機関でレーザーでの治療が可能ですが、肝斑はレーザーを使用することで悪化する恐れがあります。その場合は、ハイドロキノンと併用で使用する塗り薬で治療することが可能です。併用する塗り薬は自然治癒が期待できます。自然治癒が期待できる塗り薬の働きは、メラニン色素を含んだ古い角質を剥がし、表皮の細胞を作り替え皮膚の再生を促します。コラーゲンを作り出し肌にハリも生まれます。角質約2週間で表皮が入れ替わる自然治癒が可能です。ハイドロキノンはメラニンを抑制し、メラニン色素を作るメラノサイトを壊す働きがあり強力な美白剤です。
ハイドロキノンは強い美白効果が期待できますが、副作用も出る可能性があるため、医師の処方が必要で月額の費用で考えると医師の処方が安くなります。ハイドロキノンが配合されているクリームなどが一般的に発売されており、購入して使用することも可能ですが、市販されているタイプはその濃度が低く高い効果が望めないため月額で考えると費用は高くなります。医師の処方では高濃度で非常に効果が高いため、シミを薄くする効果だけではなく、月額の出費を考えても医師から処方してもらうことが良い選択です。