お肌のシミなどに非常に効果のあるハイドロキノン。通称お肌の漂白剤なんて呼ばれたりもするこちらの成分ですが、巷の噂によると何だか色々と悪い噂も聞こえてきます。はたしてそれは本当なのでしょうか?

ハイドロキノンやにんにくなどでキレイな肌になろう

加齢とともに顔のシミやシワなどのトラブルに悩まされてきます。長年紫外線を浴びてケアをしなかった結果メラニン色素が肌から剥がれ落ちずにシミとなって残ってしまって高価な化粧品を使っても改善しなかったり、鏡を見るたびにしわが増えて老けて見えたりすることは女性にとってはとても気になるものです。
しみを治療するものとして、皮膚科で処方されたり化粧品に少し配合されているハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは肌の漂白剤とも言われ、メラニンの産出を抑える働きがあります。ハイドロキノンとビタミン誘導体を一緒に使用することで肌の新陳代謝が促進されてシミが徐々に剥がれ落ちてきれいな肌になっていく可能性が高まります。
またシミやしわなどの原因となるものには肌の感想があります。紫外線を浴び続けたり、お手入れを怠ったり、クーラーなどにあたったり、水分の摂取が少ないと肌も乾燥してしまいます。肌の細胞内の水分が失われると皮脂膜という肌のバリアがなくなり細胞一つ一つに入っているコラーゲンも失われるため細胞がつぶれたり形をくずしでこぼこな状態になってきます。それがしわとなってしまうのです。そのような乾燥をした状態を予防するためには保湿成分のたっぷりと入ったスキンケア製品をつかってお手入れしたり、にんにくを食べるのもよいでしょう。にんにくは皮膚の内部に適度な脂分をためる働きがあり、水分と脂分がバランスよく保たれるためシワの予防や改善にもつながります。そのためにんにくを使った料理などでにんにくを補給しましょう。
また美肌を保つために温泉を利用するという方法もあります。弱アルカリ性の温泉がおススメで皮脂を溶かして角質層を柔らかくするという働きがあるのです。このような温泉を選んでゆっくりと使って日ごろの疲れをお年美肌を目指しましょう。